【食洗器導入】我が家にもついに配備されました。パナソニック

あったらいいなとは思ってました。

もう眠たいっていうときに、洗い物がどっちゃり残ってると気が滅入りますよね、皿洗いの時間が無くなればあと30分早く寝れる。
これだけで食洗器を導入しない理由は無いんじゃないかと思ってます。

食洗器があまり導入が進まない原因

思想的に「手洗いのほうがキレイなるちゃうん?」というものがあると思いますが、実は違うんです。
これは私も調べていてびっくりしたのですが、

食洗器は当然食洗器自体があらってくれるので、手荒れのことなど関係ないから汚れ落ちを最優先した成分(つまり強い)が使われているわけです。
そして、お湯の温度も60度~80度で洗うので、こりゃキレイになります。

したがって、手洗いよりも節水になります。パンフレットでは7分の1とありました。本当にそこまでいくかは使うモードとかにもよると思いますが、普通に手洗いするより節水なら十分です。

いざお店へ

というわけで、家電量販店へ行っていました!
据え置き型だとほぼパナソニックしかないんですね。あとはAQUAぐらいですね。
ビルトインとなると、大掛かりな工事になってしまうので、ビルトインで導入を検討されている方はお家を建てるときに考慮してもらえればと思います。

そして、パナソニックの食洗器は大きく分けて2つのタイプがあって、4人家族用のレギュラータイプのシリーズと、2人暮らしとか独身向けの「プチ食洗」のシリーズがあります。

置くスペースが許すなら断然レギュラータイプのものです。食洗器では「大は小を兼ねる」です。
現行モデルだと、NP-TZ100、NP-TH2、NP-TA2の3モデルでした。
そして、値段をチェックすると……、やはりけっこうしますね。最上位機種のNP-TZ100だと10万超えだったわけです。

「うーん、どうしよう」とおもっていたところに、1年型落ちの2017年モデル「NP-TA1」が、【展示品限り】の札をつけて、鎮座していました!

機能的には、なにか変わってるんだろうかと思って、店員さんとお話すると

機能は変わらないです。あえて、違いを探せば、現行モデルは小物を入れて洗う「ちょこっとホルダー」があるぐらいです。

とのことでした。それなら気にする必要もないやん、ということで、好感触。

そして!値段のほうは画像をみてもらえればわかりますが、42800円だったのが、さらに安くしてくれ、なんにも交渉してないのに、本体40800円!展示品とはいえ、思っていたより安いです。
展示品でも食洗器については、コンセントさして動作させているわけではないので、まったく問題ないです。

5年保証は価格の5%で2040円、取付工事費は5000円ということで、合計で税込み51667円でした。

あとは、別途、分岐水栓というものが必要で、これは工事業者さんから買うか、自分で用意しても良いとのことでした。
なんとなく、自分でネットで買ったほうが安いんだろうなということで、そこは自分で用意することにしました。

ナニワ水栓
https://www.naniwa-ss.co.jp/support/index.html

こちらに、現在使用している蛇口の写真をメール添付して送ると、適合した分岐水栓を教えてくれるんです。


定価は6000円以上しますが、アマゾンで買っちゃえば4427円です。

あとは、工事日を待つばかり。仕事の関係上1週間先の工事日になったのですが、待ち遠しかったです。

そして、工事日!
あっという間に30分程度で取付完了です!

パナソニック食洗機

 

以後、快適な日々をすごしております。
汚れ落ちについても、食事後に食器を水で軽く流しておけば、その時点でだいぶキレイになっているので、食洗器のモードは通常のモードより時間が短い「汚れレベル1」で綺麗になってます。

食洗機を導入することで、睡眠時間も増え、節水で環境にもやさしい、食器は手洗いよりもキレイなんて…サイコーです。

たまたま、モデルチェンジ後の時期で、タイミングが良かったのかもしれません。

以上、食洗器導入レポートでしたー。

拡声器ちゃん
拡声器ちゃん

アタシも買うわ!